親が健在ならある程度の親の力を借りても良いと思います。

今スグにお金が欲しいと思ったのは、結婚10周年の記念のプレゼントを買うお金がない時にそう思いました。
この時は、親がまだ健在だったので、親に頼ることになって結局親にお金を3万円ほど借入することにしました。
親ローンは利息はつかないし、返済期限もないし甘えようとすれば、いくらでも甘えることが出来る優れものなのです。
親に甘えることは出来ないと思うのですが、お金を親から「借りた」時点で甘えが出ていることは間違いないですね。

消費者金融にお金を借りたことはありますが、今でも借り入れするのは、勇気がいると思いますね。
借入すると、ブラックリストに名前が載るし、何故か銀行もその事実を把握することになっています。
返済済みにしておかないと、消費者金融での借金によって、銀行からの融資を断られることは多々あるのです。
住宅ローンを組むことを考えている人は、消費者金融の借金はなくすようにしておきましょう。

これからは親がいないと思って、生活していきたいなと思います。
親が出すお金に、自分の思いが詰まっていることはないのです。
すぐに集まってくるお金は、自分の力で集めたお金ではないことを、しっかり理解するべきなのです。
働いて集めてきたお金に対して、何も感じないようなら人ではないかもしれないです。

お金に執着するもよし、お金を扱わないことも、それも良し、他人の動きで自分を変えるような、そんなセコイことを見ないで欲しいですね。
お金がないと苦労をしますが、お金があっても苦労は絶えないと思うのです。
生きたお金を使えるように、日ごろから訓練して行くようにしないといけないですね。

    About

    お金を借りるためのサイトを紹介します

    Learn more ›

Browse by Category

Browse by Tag

Browse by Date

    Blogroll

    2017年3月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031